コンテンツ
ヘッダ

Mille Fleurs Blog

ブライダル関連ご予約承ります。
1か月以上の余裕を持ってお越しください。
ブライダルの打ち合わせはアポをお取りください。

カレンダー

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 25 (おしまい)
記事本文

これにてドイツ&オランダ旅行記は
終わりです。
お付き合い有難うございました。

最後にアムステルダムのメジャーなものを(^_-)

ダム広場と王宮


(Photo by K子)

戦没者慰霊塔


(Photo by K子)

デパート(奥)とトラム(手前)

 
(Photo by K子)

チーズ


(Photo by K子)

特徴ある屋根が連なる光景


(Photo by K子)


健康で旅行できる事に感謝m(_ _)m






記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 24 (5日目)
記事本文

いよいよ最終日

午後から空港へ向かいます。

それまでの短い時間に
「運河クルーズ」
を楽しみました。

晴れ女もパワー不足で雨模様。。。



女性が運転していました!



跳ね橋

 

先日訪れた
「バッグ&パース ミュージアム」
の前も通過♪


(Photo by K子)

運河の交差点
私達は左方向へ進んでいます



運河でお住まい



アムステルダムはコンパクトで楽しい♪

つづく♪





記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 23 (4日目・14)
記事本文

アムステルダムの
面白ピクチャーコーナー\(^o^)/

自転車大国オランダならではの
木製の素敵な自転車♪


絵になります(^_-)

橋の外側に吊るされた自転車達(>_<)


(Photo by K子)

いたるところで
このロゴをみかけます


(Photo by K子)


そして!!
帰国のお知らせブログにも
アップした超お気に入りのこのショット♪

ゴッホサラダのレストランの外に見えた
フラワーショップ。

そこでお買い物をしたマダムが
食い入るように見ていた
私達の視線に気付いてくれ、

「こんなの買ったのよ〜♪」

と、花束をこちらに向けてくれたのでした!!

ガラス越しなので声は届いてないのです。

アイコンタクトで思いが通じたのです♪

あ〜♪
素敵な瞬間でした(^_-)

これにて4日目は終了(^_^)

最終日へつづく♪

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 22 (4日目・13)
記事本文

シンゲルのフラワーマーケット
の続き

サボテンちゃんの横には
缶ジュース???


いえいえ(*^_^*)
缶の中にお水をやると
球根のお花が育つ缶のようです♪


さらに横には球根コーナー!

↑                          
「触らないでね」と5ヶ国語☆



店員さんの背の高さから
どんなスケールか推測できますね(^_^)


アマリリスってこんなデカイ(>_<)

つづく♪


 

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 21 (4日目・12)
記事本文

ご紹介が前後しますが、
バッグ&パース ミュージアムへ向かう途中に
花市場があり、通り抜けました(^^)

シンゲルのフラワーマーケット



やっと花らしい花に出会えました♪



ラベンダー

ローダンセ


クシャミがでそうなくらいスゴイ!!

アニマルキャラクターから
葉っぱが伸びます。


日本の雑貨屋さんで似たようのものを
買ったことがありますが・・・

日本でも売っている
サボテンちゃん



この量に圧倒されます(^_-)

 

つづく♪

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 20 (4日目・11)
記事本文

アムステルダム国立美術館から
ゴッホ美術館まで歩いて行けます。

すぐに到着。

ゴッホ美術館から国立美術館が見えました。



そして
ゴッホ美術館というと・・・


わ〜お!!
近代的〜!

ゴッホ美術館は本館と別館があり、
こちらは黒川紀章氏設計の別館。



お名前プレートに何やら
写り込んでます・・・


何と写り込んでいたのは
工事中の安全柵!

安全柵がゴッホ風にデザインされたものでした。

ということで、ゴッホ美術館は工事中のため、
別の場所で展示されているようです。


いい時間になったので、
近くのレストランで
食事をとることにしました。

メニューを見て思わずオーダーしたサラダが
コレッ



ゴッホ風サラダ♪

ゴッホにちなんで
ヒマワリの種がトッピングされたり、
お色目もヒマワリカラーを
意識している感じ\(^o^)/

とっても美味しかったです(^_-)-☆

つづく♪

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 19 (4日目・10)
記事本文

フェルメール
「牛乳を注ぐ女」



間近でじっくり鑑賞できます。



レンブラント
「夜景」


前で立ち止まっても大丈夫!



やはり絵画は現地で観るに限る(^_^;)

自分のカメラで撮ったのですよ(^_-)
幸せ〜♪♪♪

この美術館の作品をご紹介し続けると
終わりがないので、
あとは資料などご自身で
お調べくださいね(^^)/

つづく♪
 

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 18 (4日目・9)
記事本文

昨日の記事と前後してしまいましたが、
アムステルダム国立美術館の
外観をご覧ください。



英語


オランダ語


では建物の中へ




エントランス
この中でまず手荷物検査です。


余談ですが
一番上の写真に
自転車の標識が写っているでしょ(^^)

オランダには歩道と車道の間に
自転車専用レーンがあるのです(^-^)

慣れていないので、横断の際、
何度かひかれかけました(>_<)

つづく♪

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 17 (4日目・8)
記事本文

20年ほど前にも一度訪れたことのある
「アムステルダム国立美術館」

あの時の記憶は
レンブラントの「夜景」
だけ(^_^;)

今回はじっくり鑑賞させていただこう(*゚▽゚*)

まず出迎えてくれた作品は

“ドールハウス”



このような作品が数多く♪



ズームで見てみると

中段右のお部屋



下段中央のお部屋



下段右側のお部屋


(全てK子先生撮影)

精巧過ぎます(>_<)ー☆

つづく♪
 

記事続き
タイトル
タイトル
ドイツ&オランダ旅行記 16 (4日目・7)
記事本文

では
「バッグ&パース ミュージアム」
で購入したものをご紹介いたします♪



まずは作品集



ウェッジウッドのメダリオンが
はめ込まれたバッグや・・・



ビーズ・刺繍・シルク・
ゴブラン織り・べっ甲・象牙・レザー・
爬虫類・メタル・etc...

そして近代に至っては


こんなデザインのものまで!!

名の知れた
シャネルやプラダなどのブランド品のアンティークも!

この作品集はミルフルールに置いていますので、
是非手に取ってご覧くださいね(^_-)-☆

その他
グリーティングカード

ベロアのバッグ


(栞付き)

ダーツが取られて立体的

デニムのバッグ





ベルトのバックル・穴
ステッチ

なんと凝ったデザイン(^_^)v

ポーチ



他にボールペンなどのグッズを購入♪

大満足のミュージアムでした\(^o^)/

「バッグ&パース ミュージアム」
はこれにて終了。。。

次はレンブラント&フェルメールでーす(^▽^)

つづく♪

記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

フリースペース3

ブライダルに関して
ブライダル(ブーケ、会場装花etc...)のお打合せはご予約をお願いいたします。
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.