スペイン旅行記( 1日目)・16

image0035.jpg
ピカソ美術館を出て、路地を歩いていると、テレビ等で見たような光景が頭上に広がる(^▽^)

空の青が濃い〜\(^o^)/

そして、アパートの窓には洗濯物が(@_@)

落ちないのかなぁ。。。
きれいに整列して窓から出てる☆

何を見ても感動〜♪

スペイン旅行記( 1日目)・15

昨日からのつづきです。

ご紹介しました、ベラスケスの「ラス メニーナス」はわたくし摩珠見さんの今回のスペイン旅行の3つの目的のうちの一つです。

後日ご紹介する予定のプラド美術館所蔵の絵画です。

そこで待ってくれている本物の“マルガリータ”ちゃんがコチラ↓
2010110622080000.jpg
(↑購入した栞です)

そしてマルガリータちゃんをデフォルメしたピカソの作品の一部がコチラ↓
2010110622070000.jpg
2010110622060000.jpg
(↑購入したポストカードです)

デフォルメされた作品はもっともっと沢山あるのです(>_<)

プラド美術館よりも先に迎え出てくれたマルガリータちゃんをわたくし摩珠見さんは忘れません!!

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・14

2010110523120000.jpg
興奮! 興奮! 大興奮!!

ピカソ美術館を訪れ、かなり大きな感動を覚え、大興奮だったわたくし摩珠見さん。

実は今まではあまりピカソには興味はありませんでした。
好きでも嫌いでもなく・・・といった感じ。。。
スミマセン・・・

それが!それが!
幼少時代の才能溢れる作品や、時代とともに作風が変化していった様子を目の当たりにすると、鼓動が激しくなりました!!

そして、そして、知らなかった・・・
ピカソのこれらの作品・・・
ピカソは様々な画家の作品をデフォルメして発表していました。
そしてわたくし摩珠見さんが食いついてしまったのが、マルガリータちゃんをデフォルメした作品群。
何とベラスケスの「ラス メニーナス」そのものがデフォルメされているのです(@_@)
2010110522350000.jpg
↑ 横長のものは購入したポストカード。左側がベラスケスの「ラス メニーナス」。 右側がピカソがデフォルメした作品。比較できるように並んでます。

実物の絵の前では、目が星☆、いえハートになりました。
館内は撮影禁止でしたので、このポストカードでお楽しみください。

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・13

そろそろサグラダファミリアを離れて、次の場所へ!

と歩き始めて見つけた!!

公園内のお洒落な水道♪
2010110323120000.jpg

爬虫類好きのガウディを意識したのか、不思議なデザインの街灯の柱♪
2010110323120001.jpg

素敵(^-^)v

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・12

2010103123050000.jpg
受難の門の脇にある童話に出てきそうな建物。

サグラダファミリア附属学校。
ガウディがサグラダファミリアの現場で働く子弟のために作った学校だそうです。

それでは、最後にもう一度建物を見上げてみましょう。
2010103123060000.jpg
先端にかすかに見えるフルーツのような部分。

それがまたまた今回のツアーで未練の残る部分(>_<)
サグラダファミリアには石造りの螺旋階段とエレベーターがあり、塔に登れるようになっています。

塔の上からはバルセロナの街が一望出来、また、先程触れたフルーツのようなものを間近で見る事が出来るのです。

が、しかし、ツアーの定め(T_T)
時間がなく、塔には登る事が出来ませんでした(涙)

この場所にはこの目的でまた来なくてはならなくなりました(^_-)

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・11

サグラダファミリアの地下は資料館になっています。

今回のツアーは団体行動の旅。
ここでツアーならではの悲しい、残念な事が(T_T)

地下の資料館を時間の都合で駆け足で通り抜けたのです(~o~)

ああ。。。未練。。。

写真もほとんどピンぼけ×××
しかし、なんとか見れる1枚が資料館の中でも大事なものでした(^^)
よかった(^_^;)

ご覧ください。

なんとも奇妙な光景。
これは、ガウディが造った錘(オモリ)と紐(ヒモ)による『逆さ吊り模型』。
吊るした錘と紐が描くアーチからサグラダファミリアの構造を考え出したようです。
2010101500050001.jpg
↑ 本来の姿を目をこらしてよーくご覧ください。
 紐に錘がぶら下がってます。

↓ 上の写真を上下反転させてみました。
2010101500050000.jpg
紐がアーチを描いているのがわかります(^-^)
と、言いたいところ画質が悪くて判りづらいですね・・・
ホントに申し訳ない×××

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・10

ここで初めて、スペインで購入したグッズをご紹介♪
サグラダファミリアでお買い物したのは何とこれだけ!!

それはコレッ♪ ↓↓↓
2010102322040000.jpg
昨日ご紹介した数字を足すと33になる彫刻がデザインされたノート(^^)

気に入った理由は、中にもそれが印刷されていたからです(^o^)v
2010102322050000.jpg

サグラダファミリアの置物はすでに家族の一人が昔昔に買ってお家にあったので、ここではこのノートだけで大満足(*^▽^*)
2010102722030000.jpg
つづく

スペイン旅行記( 1日目)・9

2010102621490000.jpg
『受難の門』の正面の彫刻に向かって左斜め下に「ユダとキリストの接吻」という彫刻が。

そのまた隣に数字が並んだパズルのようなものが。。。
縦・横・斜め。どれをたしても“33”になります。
あっ!! ほんとだ!
2010102621460000.jpg
“33”はイエス・キリストが亡くなった年齢だそう。

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・8

2010102322090001.jpg
それでは、もう一度外へ出てみて。。。

こちら西側は「受難の門」のファサード。

イエスの最後の晩餐から埋葬までの彫刻が‘S’の字を逆に(下から上へ)なぞるように配置されています。

彫刻一つ一つに意味がありますが、わたくし摩珠見さんのブログでは詳しくはお伝え出来ませんのでご了承下さいm(__)m
2010102322090000.jpg

つづく

スペイン旅行記( 1日目)・7

昨日ご紹介しました2枚の写真に何やら優しい神秘的な光が写り込んでいるでしょう☆

お察しの通りステンドグラスを通した光です(^^)
2010102222490000.jpg
わたくし摩珠見さんも過去に幾つかステンドグラスを目にしていますが、心の目がこのステンドグラスを特別に見ているような気がします(^_-)

皆さんはどう感じられますか?

そして天井を見上げると。。。
宇宙のような森が広がっている(~o~)
2010102123260000.jpg

つづく